タッチ操作対応

新しいOfficeで最も変わったところといえばタッチ操作に対応したところでしょう。Windows8がタッチ操作に対応したことに伴いタブレット端末での利用も増えるというところからでしょう。

change
もちろん今まで通りのマウスによる操作もできます。

touch

タッチ操作とマウス操作は切り替えて使用します。画面左上にあるクイックアクセスツールバーの一覧の中に切り替えるための「タッチ/マウス モードの切り替え」がありますので、クリックすることで、「タッチ/マウス モードの切り替え」ボタンが表示されるようになります。そこで表示されたボタンをクリックするとメニューが表示されますので、それでタッチ操作とマウス操作を切り替えることができるようになります。

マウス操作からタッチ操作に切り替えると指でタッチしやすいように、リボンに表示されるボタンが大きく表示され、間隔も広くなります。ただし、編集領域の表示が狭くなってしまいますので、サイズの小さいディスプレイでの操作はしにくくなってしまいます。

touch2

Office2013ではない?

新しいOfficeはまず呼び方が違います。Office 2003、Office 2007、Office 2010 に続く新しい Office を Office 2013 と称することをやめたといいます。

logo

まずロゴが大きく変わりました。この新しいロゴは、未来への入り口、新たなチャンスに通じる扉を表現したものだと言っています。Windows 8 も新しい Office も、未来を切り拓くために画期的な進化を遂げて生まれ変わりました。こられのロゴに統一感を持たせることで、マイクロソフトが向かうとしている方向が 1 つであり、揺るぎないものであることを示しているのだそうです。

ロゴを変えるのであれば、ブランドを構成するもう 1 つの重要な要素であるネーミングも変えなければ意味がないということで、検討に検討を重ねた結果、シンプルに「Office」と呼ぶことになりました。個々のアプリケーションにおいては「Word 2013」や「Excel 2013」といったように「2013」を付けていますが、Officeとしては今までのように年号を付けた呼び名ではなく単に「Office」と呼ぶようになっています。

今までのOfficeと比較して説明などをする人にとってはいちいち「新しいOffice」というしかなく説明しにくいですよね。