新しいOffice

2013年2月7日にMicrosoft Officeの新バージョン2013が発売されました。前のバージョンに比べ大きく変化したのは何と言ってもWindows8の発売に合わせ、インターフェースがタッチ操作に対応したというところでしょう。他にもいくつか変更が加えられましたので、それを紹介してみようと思います。

Officeの種類

office2013

新しいOfficeは家庭向けバージョンとして3つのバージョンが用意されている
・Office Personal 2013
表計算や文書作成など基本的なツールをご家庭で利用する方に適しています。文書作成や、編集、共有に必要な基本的なアプリケーションが揃っています。さまざまな場所から使用できるので、作業を効率的に進めることができます。
インストールに含まれる内容
Word Excel Outlook
基本価格 ¥31,290

・Office Home and Business 2013
ご家庭での基本的な作業に加え、プレゼンテーションなど仕事でも使用する方に最適です。文書作成や、編集、共有に必要なアプリケーションが揃っています。さまざまな場所から使用できるので、ご家庭での作業から仕事まで、効率的に進めることができます。
インストールに含まれる内容
Word Excel PowerPoint OneNote Outlook
基本価格 ¥36,540

・Office Professional 2013
ビジネスを強力に支援する Office で、仕事を効率化したい方に最適です。文書作成や、編集、共有に必要なアプリケーションが揃っています。さまざまな場所から使用できるので、ビジネスおよびプロジェクトを効率的に進めることができます。
インストールに含まれる内容
Word Excel PowerPoint Access OneNote Outlook Publisher
基本価格 ¥62,790

Officeアプリケーションを単体で購入する場合

Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Access、Publisher
それぞれ ¥15,540

・Office Professional Academic 2013
学生向けの特別な価格で、Office Professional に含まれるすべての機能をご使用いただけます。文書作成や、編集、共有に必要なアプリケーションが揃っています。授業中のノートや、レポート作成、サークル活動の資料作り、仲間との共同作業など、学生生活を彩るさまざまなツールを利用できます。
インストールに含まれる内容
Word Excel PowerPoint Access OneNote Outlook Publisher
価格 ¥27,000前後
ただし、購入の際には学生証や学校関係の職員であることを証明するものが必要となります。

まとめ

パソコンを持っているたいていの方がOfficeを使用していると思いますが、そのほとんどがプレインストール版を使用しています。しかしパッケージ版を購入すると2台のパソコンにインストールすることができるので、家庭でデスクトップとノートパソコンを持っているときなどには便利です。

これだけ種類のあるOfficeですが、ではどれを買えばいいのでしょうか。一般的にはPersonalで十分です。ほとんどの方が利用するアプリケーションはWordとExcelです。

メールのやり取りはOutlook express またはWindowsメール/Windows Liveメールで行っているのでOutlookはあまり使われていない状態ですよね。

PowerPointを使ってプレゼンテーション資料を作るなんてこともないでしょうし、もしPowerPointのデータを送られたとしても、MicrosoftのサイトよりPowerPoint Viewerというデータを見るだけのアプリケーションをダウンロードして手に入れれば見れます。

ですからHome and Businessを買うほどでもないでしょう。というわけでPersonal2013がお勧めとなります。

何度もインストールできない??

米国 Microsoft は、同社オフィススイートの最新版「Office」で新たなライセンス方式を導入したと発表しました。このライセンスのもとでは、新しいOfficeは1台の PC に対してしかインストールできない。利用者が HDD の破損などで Windows を再インストールした場合でも、

その PC へ 新しいOfficeを再インストールすることはできないということになっているらしいのです。このことに対して専門家は、顧客を Office 365 へ移行させたい Microsoft の意図が伺えるとしています。
Office 365とはスタンドアロン型ではなくネット上にあるOfficeをクラウドで利用するものです。月額いくらという風に決まった料金を払えば使えるというものです。

「Microsoft は2月14日、新しいOfficeのライセンスは最初にインストールした1台の PC と永久に結びつけられ、その PC から Office をアンインストールし、別の PC にインストールすることはできないことを明かした。以前のライセンス契約からの大きな変更に対して専門家は、これは Microsoft が顧客、特に一般消費者を、同社の新たなサブスクリプションプランへ移行させるための方策の1つだ、と述べている」

では日本の製品はどうだろうか。Microsoftのサイトでも2台のPCにインストール可能と表記されている。また新しいOfficeの日本語版(アップグレード優待パッケージ)には、箱の裏面に「2台まで使えます」と明記されています。実際に2台まで問題なくインストールできます。2台までインストールした後、どちらか1台をアンインストールして、3台目にインストールするときはサポートセンターに電話して新しいプロダクトキーを発行してもらう手続きが必要になります。

いろいろと質問され面倒なのですが、プロダクトキーは発行され、無事インストールすることができました。でも厄介なことがあります。インストールする際なのですが、Officeすべてインストールされてしまうのです。私はOutlookは使いたくないのでHDDの無駄だと思いいつも入れないのですが、2013はインストールするソフトを選ぶ画面が表示されないままにすべて入ってしまいました。

LenoboのデスクトップはCドライブに50GBしか切ってなくDドライブに400GBも割り当ててあるのでCドライブの余力がなく、Dドライブに入れたかったのにCドライブに入ってしまいました。インストールの時のむずかしさをなくすのはいいのですが、選択の余地も欲しいものです。

テンプレート一覧の表示

新しいOfficeではテンプレートの利用も便利になりました。
それまでのOfficeでテンプレートを利用するには、一度WordやExcelを起動したのにファイルタブの「新規作成」をクリックして

窓を表示させるとテンプレートのグループ一覧が下の方に表示されそこから探さなくてはなりませんでした。
新しいOfficeでは起動するとすぐに白紙のファイルが表示されるのではなく、まず様式の選択画面が表示されるようになりました。

その中に「白紙の文書」であったり、レポートの形式などのネット上に用意されているテンプレートの一覧が表示されるようになりました。

一覧の上には「カード」や「カレンダー」といった分類まで表示されていますので、ここをクリックして欲しいテンプレートを探せるようになっています。私の周りにはテンプレートの存在すら知らない人が沢山いますので、この機能はOfficeの利用の幅をさらに広げることができとてもいいと思います。

template

ネット上の用意されたテンプレートですので、インターネットの利用環境が整っていないと利用できない機能ですがインターネット普及率もかなり上がっていますので、多分多くの人が使うのではないでしょうか。

SkyDrive対応でクラウド利用

新しいOffice最大の目玉は、ファイルの保存先としてSkyDriveを選択できるようになったことです。SkyDriveとは、マイクソフト社が運営するオンラインストレージサービスで、7GBまでのディスク容量を無料で使用できます。利用するには「Microsoftアカウント」を取得しておく必要があります。

このサービスを利用すると、ネット上にデータを保存しておけるので、出先や自宅などでパソコンが変わってもネット上からファイルを呼び出して利用できるので、ファイルを持ち歩かずに済むのがメリットです。ただ、外出先でのネット利用ができないと意味がありませんが・・・
このSkyDriveにファイルを保存するには、従来であれば作成したファイルを一旦PCに保存し、ブラウザでSkyDriveにアクセスし、自分のディスクスペースを開いてからアップロードやダウンロードの操作をする必要がありました。それが、2013では、「名前を付けて保存」や「ファイルを開く」のダイアログボックス上で、ファイルの保存先にSkyDriveを直接指定できるようになったのです。

skydrive

保存の操作は、とても簡単です。「ファイル」タブをクリックして開き、「名前を付けて保存」→「△△さんのSkyDrive」とクリックし、「ドキュメント」などSkyDrive上での保存先フォルダを選択します。初めてアクセスする場合は、「参照」ボタンをクリックします。「名前を付けて保存」ダイアログボックスが表示されたら、アドレスバーにはSkyDrive上の保存先フォルダが指定されています。

あとは、通常の保存と同じように、ファイル名を指定して「保存」ボタンをクリックするだけです。SkyDriveに保存したファイルを開く場合も同様に、「ファイルを開く」ダイアログボックスで、SkyDrive上のフォルダを選択できます。

Android端末用のskydriveアプリも無料で提供されていますのでスマートフォンで撮影した写真をSkydrive経由でワードに取り込んだりPCで保存したファイルをスマートフォンで見たり編集したりもできます。

男の隠れたファッションセンスを考える

男性のファッションは個人差が大変多くでてきます。素敵なファッションを楽しんでいくには自分らしい着こなしを楽しんでいく事が大変重要ですが、やはりそこには相手を意識する必要があります。多くの方にとって素敵なファッションは清潔感です。

特にビジネスマンにおいては普段の着こなしが大変重要です。女性の社会進出が進んでいる中で彼女たちの視点を意識した着こなしは大変重要です。知的で洗練された印象をきちんと相手に与える事で楽しんで素敵なファッションをたのしんでいく事ができます。シャツやカフスボタン等、さりげないところのオシャレが大変重要です。

自分の印象を大きく変えるのが身だしなみや着こなしです。是非、普段からの自分の印象どんどんアップさせていく事が大変重要です。常に今よりワンランク上の着こなしを考えていきましょう。

自分の好きな服を着こなす事で快適な生活を送っていけます。香水やコロン等も実はその人の印象大変大きく左右する大切な要因ですのでそれを楽しんでいく事も重要な事です。小物であるベルトやベストに細かな配慮や気配りができれば更に大人のコーディネートを楽しんでいく事が出来ますので、普段から楽しんでオシャレ術を身につけていきましょう。

くびれのあるお腹になって、もう一度主人を振り向かせたい

30代の主婦です。主人とは学生時代から付き合い、8年後に結婚しました。付き合っている当時、また結婚してからも優しい主人でしたが、2人の子供を妊娠出産してから私に対して態度が変わりつつあります。その原因の一つが、産後太りでたるんだお腹、浮き輪がついたようなお腹です。

もちろん私自身もぶよぶよでくびれがなくなったお腹を見てショックですが、それ以上に主人の態度の変化にとても辛いです。ラブラブな雰囲気になった時でも、主人がお腹のお肉をつまんで「これさえなければなぁ」というと、その瞬間サーっと冷めていく自分がいます。

年をとっても仲良く、ラブラブな夫婦でいたいと思いつつ、自分のお腹の浮き輪ゆえにそうできないのが悲しいです。もちろんお腹のぽっこりをなくすためにemsベルトとか色んなダイエットを試していますが、年齢とともに痩せにくくなっているためなかなか結果が出ません。主人の愛と関心が2人の娘にばかり向いている毎日が、とても悲しく辛いです。もう一度くびれをつくって、主人を振り向かせたいです。

タッチ操作対応

新しいOfficeで最も変わったところといえばタッチ操作に対応したところでしょう。Windows8がタッチ操作に対応したことに伴いタブレット端末での利用も増えるというところからでしょう。

change
もちろん今まで通りのマウスによる操作もできます。

touch

タッチ操作とマウス操作は切り替えて使用します。画面左上にあるクイックアクセスツールバーの一覧の中に切り替えるための「タッチ/マウス モードの切り替え」がありますので、クリックすることで、「タッチ/マウス モードの切り替え」ボタンが表示されるようになります。そこで表示されたボタンをクリックするとメニューが表示されますので、それでタッチ操作とマウス操作を切り替えることができるようになります。

マウス操作からタッチ操作に切り替えると指でタッチしやすいように、リボンに表示されるボタンが大きく表示され、間隔も広くなります。ただし、編集領域の表示が狭くなってしまいますので、サイズの小さいディスプレイでの操作はしにくくなってしまいます。

touch2

Office2013ではない?

新しいOfficeはまず呼び方が違います。Office 2003、Office 2007、Office 2010 に続く新しい Office を Office 2013 と称することをやめたといいます。

logo

まずロゴが大きく変わりました。この新しいロゴは、未来への入り口、新たなチャンスに通じる扉を表現したものだと言っています。Windows 8 も新しい Office も、未来を切り拓くために画期的な進化を遂げて生まれ変わりました。こられのロゴに統一感を持たせることで、マイクロソフトが向かうとしている方向が 1 つであり、揺るぎないものであることを示しているのだそうです。

ロゴを変えるのであれば、ブランドを構成するもう 1 つの重要な要素であるネーミングも変えなければ意味がないということで、検討に検討を重ねた結果、シンプルに「Office」と呼ぶことになりました。個々のアプリケーションにおいては「Word 2013」や「Excel 2013」といったように「2013」を付けていますが、Officeとしては今までのように年号を付けた呼び名ではなく単に「Office」と呼ぶようになっています。

今までのOfficeと比較して説明などをする人にとってはいちいち「新しいOffice」というしかなく説明しにくいですよね。